新潟大学

プロフィール

【氏名】
豊田 光世(とよだ みつよ)

【所属・職名】
朱鷺・自然再生学研究センター 准教授

【専門分野】
環境哲学、合意形成学、環境教育、対話教育

【略歴・研究内容】
東京都出身。米国大学院で環境倫理と哲学対話の研究に従事。帰国後、東京工業大学大学院社会理工学研究科博士課程にて、環境倫理と哲学対話を統合し、佐渡島をフィールドとして市民参加の環境保全に向けた合意形成の実装研究を行う。博士(学術)を2009年に取得。兵庫県立大学環境人間学部講師(2010-2013)、東京工業大学グローバルリーダー教育院特任准教授(2014-2015)を経て、2015年9月より現職。佐渡島では、「移動談義所」というトキとの共生に向けた話し合いの場づくり、天王川自然再生事業「水辺づくり座談会」での合意形成マネジメント、里海再生のための協働のしくみ「佐渡島加茂湖水系再生研究所」の設立と運営などを通して、地域に根ざした自然再生の実践活動を進めるとともに、そのなかから見えてくる社会的・倫理的課題について理論化を行っている。

【著書】
“Collaborative Thinking: A Path to Environmental Ethics Education,” Comparative Philosophy Today and Tomorrow: Proceedings from the 2007 Uehiro Cross Currents Philosophy Conference. Edited by Sara A. Mattice, Geoff Ashton and Joshua P. Kimber, pp. 228-236, Cambridge Scholars Publishing.

【連絡先】
TEL:0259-22-3885

【関連リンク】
http://researchers.adm.niigata-u.ac.jp/html/200000796_ja.html(研究者総一覧)

 

▲TOP


Copyright(C) 2008-2017 Niigata University,All Rights Reserved.