新潟大学

センターについて

センターの理念

新潟大学 研究推進機構 朱鷺・自然再生学研究センター長  箕口秀夫
(新潟大学 自然科学系(農学部) 教授)

朱鷺・自然再生学研究センターは、トキとの共生をシンボルとした豊かな自然の再生と、そのような自然再生を実践できる地域社会システムの構築を目指しています。つまり、トキのモニタリングを行うとともに、農林業を取り巻く環境など、里地里山における諸問題を分野横断的体制によって総合的に研究することが当センターの目的です。
また、その成果を単に学問の分野にとどめることなく、広く一般の皆様にもお示しし、ともに考え、答えを見つけ出していこうと考えております。

そのため当センターでは、「朱鷺の島地域再生人材創出事業」に取り組むなど、自然再生に携わる幅広い人材の養成も積極的に進めていきたいと考えています。
今後、佐渡で培われた自然再生の手法を日本国内、さらにはアジア地域に展開し、「里地里山の自然再生学」として大きく発展させていきます。

▲TOP


Copyright(C) 2008-2017 Niigata University,All Rights Reserved.